2016年03月22日

入学辞退届は必ず3月31日までに!

今年も早年度末です。



いろんなことが切り替わる時期ではありますが、
その中で、学校の入学を辞退しようとお考えの方は、
ぜひできるだけお早目に入学辞退の連絡を
学校にして下さい。



入学金は基本的に難しいですが、
それ以外の授業料等の返金については、
3月31日まで、またはできるだけ早く入学辞退届を
出しておけば、可能性は十分ありますので、
急いでください。



それなのに、授業料等の返還をしてくれないときは、
そこで言い合いなどせず、また、決して泣き寝入りせず、
当事務所にご相談下さいね。



まずは返金すべきケースかどうかを診断致しますので。




2016年03月14日

来年の確定申告までに届けてね

昨日ようやく確定申告が終わりました。



2月頭にマイナンバーカードの申請をしていたのですが、
全く届く気配がなく、結局久しぶりに紙で申告することに…。



本日のニュースで、全然カードの発行ができていない
ことを知りました。



こんなところだろうとは思っていたものの、
想像以上にドタバタしていますね。



どのぐらいの人がやむなく紙で確定申告したのでしょうかね。



まあいいです。
今年は終わったことなので。
来年の確定申告までに届けて下さいね。




posted by 香川啓二 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(業務) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

やり方さえ間違えなければ…。

立ち退き要求されるケースは、
長い人生の中でそうないと思います。



賃貸物件に居住、または店舗等を経営している方で、
過去1度ぐらいは立ち退き要求に対して対処した経験を
お持ちの方はご相談者の中にも少々おられるものの、
経験豊富で、自信のある方は中々おられないだろうと思います。



その状況で、おそらく賃借人よりは経験豊富で、不動産を
普段から扱っている大家さんや不動産業者と同じ土俵に上がり、
対等以上に戦うことは、普通に考えて不利ですよね。



本来、貸主より借主の方が、圧倒的に有利な立場にあります。



それを知らないと、立ち退き要求された時点で、立ち退き通告
という表現をなさる方が多く、決定事項であるように捉えて
しまっていて、立ち退き命令に近いイメージを持ってしまいます。
こうなると、勝ち目はありません。



立場的に有利なことを知っていても、いつの間にか不利な立場に
追い込まれていることが多く、結局経験や知識の差が大きい
ことが原因で、そうなっているのだと思います。



やり方さえ間違えなければ、言いなりに立ち退かされることは
絶対にありません。



やり方さえ間違えなければ、です。



1人で大家さんとやり取りして、失敗した方々を数多く見てきました。
そのすべてで、どこかのやり方が間違っているのです。



だから、付け焼刃で中途半端に戦おうとせず、
まずはご相談下さいませ。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。