2012年03月07日

ドロップシッピング詐欺被害 容疑者逮捕

http://kagawa-office.seesaa.net/article/151337593.html
平成22年5月28日に上記記事を掲載しましたが、




強制捜査から1年9ヶ月ぐらい経過してから、同じ会社
「サイト」(東京都台東区)
の社長他7人が、ドロップシッピング詐欺容疑で逮捕
されたというニュースがありましたね。




「経験がなくても大丈夫」
「1日15〜20分の作業で、2か月で元がとれる」





などと虚偽の説明をしたのだとか。




全てのドロップシッピング業者が悪い
と言うつもりはないですが、
あたかも簡単に、誰でも、確実に稼げるような
説明をされたら、おかしいと思わないといけません。




でも、既に契約しており、
ドロップシッピング詐欺被害に遭ったのでは?
と思われた方は、早く行動を起こすことです。




http://ds-higai.com/(DS詐欺被害相談窓口)
http://ds-higai.com/m/(DS詐欺被害相談窓口携帯版)





今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士










posted by 香川啓二 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロップシッピング詐欺被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

ドロップシッピング詐欺 中国向けの高額無意味HP作成被害

ドロップシッピング業者が、HPを作成したり、
SEOを行いアクセスアップ及び集客を行ったりと、
契約者をサポートをするようですが、





実際にはそのサポートがかなり不十分であり、
ほとんどサポートをしていないところの方が
多いのではないかと思うぐらいです。




中には、中国向けのHPを作成するよう勧め、
高額な契約金を支払わせるケースもあります。




HPは、日本語版を中国語に直せば良いのかも
しれないですが、中国人から中国語で問い合わせや
注文が入った際にどうやって対応するのか?




業者は、メールが勝手に中国語を日本語に直して
くれるので問題ない、という説明をしているケースが
あるようですね(笑)




そんな便利なものある!?




まぁ、中国人からの注文は一切なく、日本人からの
注文すらほとんどない状態にあったようですから、
真偽のほどはわかりませんが。




ただ、やっていることは詐欺的でも、警察は動かない
ケースがほとんどなので、自力で対応するしかないのです。




諦めないで!




今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士
posted by 香川啓二 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロップシッピング詐欺被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

ドロップシッピング契約のクーリングオフ期間

ドロップシッピングというものがあります。




簡単に言えばネットショップの運営形態であり、
その運営をする(主に個人)事業主をサポートする
業者が多々あります。




それらのドロップシッピング業者は、

『ネットショップのホームページ開設』
『広告の掲載』
『検索効果の向上(SEO)対策』
『商品の発送等』


の事業者業務をサポートするというケースが多いです。




このように、ドロップシッピング業者と事業主が
一体となってインターネット通信販売事業を運営
しているものと認められる場合、業者は事業主に対して
業務を提供し、事実これに従事すれば利益が得られると
勧誘している(ケースが多い)ので、ようするに
内職商法やモニター商法と同じであり、よって、




特定商取引法第51条に規定する業務提供誘引販売取引
に該当するものと認められるのです。




となると、




法定の契約書面等の交付日から20日間以内であれば、
クーリングオフを主張することが出来ることになります。





お早めにご相談下さい。




今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士
posted by 香川啓二 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロップシッピング詐欺被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

業界トップクラスの高返金率!?

ドロップシッピング被害相談が多いと
昨日の記事に触れました。




被害を何とか回復させてあげたい!
という思いが強いのかもしれませんが、




業界トップクラスの高返金率!




という広告文句はまずいでしょう。
(ところで何業界?)




景品表示法知っていますか?




不当表示ですよ。




第4条によると、
不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ
合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの




は禁止されています。




消費者に
自分のところは他と比べて優良ですよと
根拠のないことを説明して誤認させてまで
依頼をさせようとしてはいけません。




分かった?



ドロップシッピング詐欺被害相談窓口
ドロップシッピング詐欺被害相談窓口携帯版



今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士
posted by 香川啓二 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロップシッピング詐欺被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

ドロップシッピング詐欺被害

ドロップシッピングの詐欺被害相談が増えております。




ドロップシッピングとは、
インターネット通販の新しい仕組みであり、




仲介業者が各メーカーや卸売業者から商品情報を集め、
会員登録した個人がその情報をもとに気に入った商品の
情報や写真を自己のサイトで紹介し、
販売するというものです。




個人会員は自分で商品の価格決定権をもっていて、
仲介業者が決めた最低価格(卸値)より高く売った分が
収入となります。




こうした点が、アフィリエイト(成果報酬型)広告と
大きく違います。




それから、
商品はメーカーから購入者に直接送られ、
個人で在庫を持つ必要はありません。




こうした手軽でリスクの少ないイメージがあることが、
被害増加を招いているものと思われます。




ドロップシッピングという商法に限らず、
簡単にリスクもなく、大きなリターンが得られるような
上手い話はないと思いましょう。




とにかく、




ドロップシッピング詐欺被害に遭ったかな?




と思った方は、まずはご相談下さい。




ドロップシッピング詐欺被害相談窓口
ドロップシッピング詐欺被害相談窓口携帯版




今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士
posted by 香川啓二 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロップシッピング詐欺被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

ドロップシッピング業者「IB(アイビー)」社 12ヶ月間新規勧誘停止命令

『1日30分の作業で月30万円以上』



などと広告を打ち、



問い合わせ、その広告及び説明を真実だと認識して
契約した消費者に対して、
HP制作代として15万〜100万円を負担させたが、
実際には商品の受注後に卸値を値上げするなど、
利益が出ないケースがほとんどだった、とのこと。



そこで、
経済産業省関東経済産業局は
この広告を打ち、勧誘を行った
ドロップシッピング(DS)業者の



東京都中央区の
「IB(アイビー)」社
または(「インタービジネス」社)




に対して特定商取引法に基づき12カ月間、
新規勧誘や契約締結を停止命令を出したようです。



DS業者の勧誘方法には、全てとは言いませんが、
こうして問題がたくさん持ち上がっているところを
みると、業界として問題があるものと思わざるを得ない
ですね。



12ヶ月間の停止命令ですから、実質潰れるしか
ありません。



こうなると考えれるのは、
この会社を潰して別の会社を立ち上げて、
同じことを繰り返すことだと思います。



となると、
皆さんそれぞれが被害に遭わないよう
気をつけるしかないと言えますね。



ドロップシッピング詐欺被害相談窓口
ドロップシッピング詐欺被害相談窓口携帯版




今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士
posted by 香川啓二 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロップシッピング詐欺被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

ドロップシッピング商法サイト社の不実告知

ドロップシッピング商法業者
「サイト」(東京都台東区)




が家宅捜索を受けた特定商取引法違反事件で、
警視庁生活経済課は29日、同法違反容疑(不実の告知)で、
ネット関連会社「ナビ」(中央区)など、
同社の関係先十数カ所をした。



サイトは今年1月9日ごろ、
ドロップシッピングを検討していた川崎市の主婦に



「2、3カ月で元が取れます」



と虚偽の説明をしたなどとして、5月に家宅捜索され、
その際にナビ社などとの関係を示す資料が出てきた
ことから、家宅捜索となった模様。



しかし、「サイト」社とドロップシッピング契約を
締結したのに、現実には1件も注文がこないなどの
トラブルが相次いでいるとのこと。



結論から言いますと、
どのドロップシッピング業者と契約しても、
確実に元が取れるとか、
確実に月に30万円は稼げるなどと
確実に利益を得られるような上手い話は



ありません!



詐欺被害に遭いますよ。
お気をつけ下さい。



ドロップシッピング詐欺被害相談窓口
ドロップシッピング詐欺被害相談窓口携帯版




今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士


posted by 香川啓二 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロップシッピング詐欺被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

ドロップシッピング商法『サイト』社強制捜査

個人がインターネット上の店舗で商品を販売する「ドロップシッピング(DS)」商法を巡り、虚偽の説明でネット店舗開設の契約を結ばせた疑いがあるとして、警視庁生活経済課は27日、DSサービス会社「サイト」(東京都台東区)の本社など数カ所を特定商取引法違反(不実の告知)容疑で家宅捜索した。同課によると、DS業者への強制捜査は全国初。



とのこと。



ドロップシッピング商法が問題となって
おりますが、



『2〜3カ月で元は取れる』
『毎月数十万円稼いでいる人がいる』




などと嘘の説明を行い、
多額のお金を振り込ませているようですので、
これは、



ドロップシッピング詐欺



と言えますね。



今後相談が増えそうです。



ドロップシッピング詐欺被害相談窓口
ドロップシッピング詐欺被害相談窓口携帯版




今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士


posted by 香川啓二 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロップシッピング詐欺被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

ドロップシッピング業者「ウインド」6か月の取引停止命令

「ドロップシッピング」



ドロップシッピングは、メーカーなどが在庫として抱える商品を
個人で仕入れ、サイト上で宣伝・販売するという手法ですが、



『月100万円くらい稼げるのですぐ元が取れる』



などとの虚偽の説明で多額の請負代金を受け取っていたとして、
消費者庁は9日、



ネット関連業者「ウインド」
(東京都品川区)



に対して、特定商取引法に基づき6か月の取引停止を
命じたのだそうです。



試してみたら儲かるかもしれないので、
試さないうちに詐欺だと断定はできませんが、
簡単に大きなお金が確実に稼げる
元がすぐに取れる
などという甘い言葉を使う業者、業界は
悪徳だと相場が決まっています。



甘い言葉には裏(罠)があると考えて差し支えありません。



お気をつけ下さい。



ドロップシッピング詐欺被害相談窓口
ドロップシッピング詐欺被害相談窓口携帯版




今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士
posted by 香川啓二 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロップシッピング詐欺被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

ドロップシッピング業者に対する業務停止命令

卸売業者などと代理店契約を結ぶことで在庫を持たずにインターネットショップを運営できる「ドロップシッピング(DS)」で、高収入を得られるなどと勧誘して高額な契約料を払わせたとして、都生活文化スポーツ局は1日、都内の2事業者に特定商取引法に基づく9カ月間の業務停止命令を出した。


DS事業者に対する処分は全国で初めて。


処分の対象となったのは、千代田区外神田5の「ネット」(松本克己社長)と豊島区西池袋5の「バイオインターナショナル」(千葉晃裕社長)。




というニュースがありました。



同局は2事業者の手法が特定商取引法の「業務提供誘引販売取引(内職商法)」に相当すると判断した。



とのことで、
非常に良い判断をされたなぁと思いますね。 



数十万円から百数十万円ものお金を支払えば、
月々いくらのお金がジャブジャブ入ってくる
という説明をしておいて、その通りの収入どころか
ほとんど収入がないのです。



まさに内職商法と同じ手法であると同時に、
お金が入らないことを知りつつ積極的に嘘の説明を
行い、その旨誤信させ、錯誤に陥らせ、それに乗じて
契約させたわけですから、詐欺的商法とも言えます。



早めに返金要求をしたほうが良いですね。



今ドロップシッピング(DS)を検討しておられる方々は、
本当に説明の通りの収入が得られるのかどうか
よーく考えてみて下さいね。



そんなうまい話はないと思いますけどね。



ドロップシッピング詐欺被害相談窓口
ドロップシッピング詐欺被害相談窓口携帯版




今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士
posted by 香川啓二 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロップシッピング詐欺被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする