2016年04月26日

熊本地震以降の立ち退き要求が増え始めています。

熊本地震、震災の影響を理由とした
立ち退き要求に関するご相談が来はじめました。



屋根が壊れたりして、修復が不能になったり、
というやむを得ない理由は仕方がない面もあります。



しかし、大家さんのご事情も分りますが、
立ち退き要求される住民の方も必死ですからね。



東日本大震災の後においても、
福島県や宮城県の立ち退き相談が増えましたが、
その際も、壊れていないのに、
『次に地震が来たら壊れるかも…』
という理由であれば、壊れたわけではありませんから、
立ち退き料を支払わずに立ち退かせる理由にまでは
なりません。



正当事由には足りないということです。



1人で悩まず、
まずは是非ご相談下さいませ。



http://tachinoki.net/(立退き料請求相談窓口)


2016年02月03日

やり方さえ間違えなければ…。

立ち退き要求されるケースは、
長い人生の中でそうないと思います。



賃貸物件に居住、または店舗等を経営している方で、
過去1度ぐらいは立ち退き要求に対して対処した経験を
お持ちの方はご相談者の中にも少々おられるものの、
経験豊富で、自信のある方は中々おられないだろうと思います。



その状況で、おそらく賃借人よりは経験豊富で、不動産を
普段から扱っている大家さんや不動産業者と同じ土俵に上がり、
対等以上に戦うことは、普通に考えて不利ですよね。



本来、貸主より借主の方が、圧倒的に有利な立場にあります。



それを知らないと、立ち退き要求された時点で、立ち退き通告
という表現をなさる方が多く、決定事項であるように捉えて
しまっていて、立ち退き命令に近いイメージを持ってしまいます。
こうなると、勝ち目はありません。



立場的に有利なことを知っていても、いつの間にか不利な立場に
追い込まれていることが多く、結局経験や知識の差が大きい
ことが原因で、そうなっているのだと思います。



やり方さえ間違えなければ、言いなりに立ち退かされることは
絶対にありません。



やり方さえ間違えなければ、です。



1人で大家さんとやり取りして、失敗した方々を数多く見てきました。
そのすべてで、どこかのやり方が間違っているのです。



だから、付け焼刃で中途半端に戦おうとせず、
まずはご相談下さいませ。




2015年09月01日

オリンピックと立ち退き問題

東京では、2020年にオリンピックが開催予定ですが、
今のところ、様々な問題が起きていますね。



国立競技場の問題が起きたと思ったら、
五輪エンブレムの問題。



今日、そのエンブレムの使用中止方針を決めたようです。
盗用したのかどうか私などには分かりませんが、
疑わしきは使用せず、でしょうか。



国立競技場の問題も解決していません。
競技場そのものではなく、その周りです。
建設をめぐって立ち退きを要求されている住民の方々が
200名近くいらっしゃいます。



その多くの方がその地域に住んでいて、
前回の東京オリンピックが行われる際にそのアパートに入居、
今回は2度目のオリンピックで立ち退きを要求された、
という訳だそうです。



大きな大会だけに、いろんなところに影響があります。
ぜひ、オリンピックも大事ですが、その方々にとっては
大事なふるさとであり、終の棲家かもしれず、
立ち退き問題は穏便に良い解決が折り合うと良いですね。




続きを読む

2015年07月27日

立ち退き料の交渉は、大家さんとの我慢比べ

うーん。
できればサポートしたいのだが、
すでに立ち退いてしまったとか、
最近、既にどうにもならない相談が多い…。



退去した後では、立ち退き料はとれません。



大家さんの目的は立ち退いてもらうことだけです。
しかも速やかに。



だから、立ち退いた後で立ち退き料を請求したところで、
支払おうとは思いません。



契約違反もないのに、立ち退き要求されたら、
まずすぐに当事務所までご相談下さい。



大抵の立ち退き理由など、
正当事由になりません。



立ち退き要求してから6ヶ月が経過したから支払わない!
と豪語する大家さんが多いですが、どういう言い方ですか。



自分の都合で居住者に大きなご負担をお願いしているのですよ!?



誠意をもってお願いして下さい!



立ち退き要求されたら、決して新居を探さず、
立ち退き料の合意ができて、できれば入金してもらった後で
探し始めて下さい。



立ち退き料の交渉は、大家さんとの我慢比べです。



精神的に落ち着かないでしょうけど、
折れないで下さい。
折れなければ決して負けることはありませんからね。




2015年06月09日

『立ち退き料は請求できますか?』

立ち退きの相談で本当によく聞かれるのが、



『立ち退き料は請求できますか?』



というものです。



大抵のケースで請求できますから、
請求できますとお答えしますが、
それだけで安心なさる方が多いのですね。



請求することは出来ますが、
請求しただけで、その請求額が確定するわけではありません。
もちろん、大家さんに支払う義務があるわけでもありません。
でも請求できます。



この感覚が良く分からないのだと思います。



大家さんから請求されて初めて請求できる立ち退き料ですが、
大家さんが支払うと言わなければ、支払ってもらえることはありません。
しかし、それなら借主には立ち退く義務はないため、
立ち退かないことで対抗できます。



立ち退かないと言われれば、困るのは大家さんで、
どうしても立ち退いて欲しいなら、立ち退き料について
交渉に応じる必要が出てきます。



双方のこの微妙な立場を利用し、バランスを取りつつ、
うまく話をまとめることが必要となります。



上手く話をまとめるには、大家さんや、不動産業者たちと
対等以上に渡り合う必要があり、
基本的には、ほとんど初めての経験である借主の方が
単独で話を上手くまとめるのは困難であると思います。



だから、立ち退き料を請求できるからと安心せず、
餅は餅屋、
専門家にご相談下さい。



2015年02月27日

適正な立ち退き料をいただくには?

いつも立ち退き料の請求についてのご相談を
多数いただき、ありがとうございます。



皆様の精神的なご不安を解消し、
次の生活、お仕事の金銭的な補償をしっかり受け取れるよう
サポートさせていただいております。



しかし、ご相談後にご自分で交渉してみようと
思い立つ方がやはり結構おられまして、
当事務所からの回答を参考にご自分で交渉して上手くいけば、
依頼料金がかからない、とお思いなのでしょうか?



中には、上手く解決できました!というご連絡を
しばらくしていただくこともありますが、
よくよく聞くと、やはり金額的、条件的に随分悪いのですね…。



立ち退き料を取れた!
適正な立ち退き料を取れた!
とは雲泥の差があります。



ご依頼料金を節約したつもりが、
結局それ以上に大損をしてしまうことになるのです。



必要経費だと思って、
また、当事務所の豊富な経験と実績をぜひ信頼していただいて、
中途半端にご自分で交渉などなさらず、
最初からお任せいただくことをお勧め致します。



餅は餅屋です。
事務所は山口県にありますが、
立ち退き問題については東京都からのご相談、ご依頼が
最も多いです。
お任せ下さい!!!




http://tachinoki.net/(立退き料請求相談窓口)

2015年01月06日

『立ち退き料請求相談窓口』サイトリニューアルしました!

昨年末(12/29)に、当事務所主力サイトである

立ち退き料請求相談窓口
〜賃貸アパート等の立ち退き料請求サポート〜


のリニューアルを行いました。



見た目は良くなりました!



しかし、
早速検索順位が落ちましたふらふら



コンテンツ的にはとりあえずほぼ同じように作成したのですが、
ある程度想定していた通り落ちました…。



でも、これからです!



検索ロボットは分かってくれるはずです。
良いサイト、良いコンテンツがそろっている以上、
順位はそのうち上がるはずです!



と、期待しています(頼む…)。





2014年10月16日

『相続税が支払えない』のは正当事由か?

『相続税が支払えない』
という理由で、大家さんの相続人から立ち退くように突然言われた、
との相談事例が多々あります。



一見やむを得ない事情であるかのように
もっともらしく聞こえます。



しかし、支払えるかどうかは、借主には直接は何も関係なく、
借主に何か責任があるわけでもありませんので、
大家さん(相続人)の責任、都合であることには変わりありません。



相続人の金銭的な都合で、何の非もない、しかも他人であるはずの借主に
金銭的負担を追わせようとする要求と言えます。



よって、立ち退き料を請求することはできます。



大家さん(相続人の方)も気を付けた方が良いですよ。
『前の大家さんと上手くやっていたのに、突然相続人から酷い扱いを受けた』
と感じている借主の方は非常に多いです。



最初がこういう態度だと、借主の方も態度を硬化させますので、
その後の交渉が上手く進まなくなります。
最初が肝心と言いますよね?



自分の都合だけでものを考えず、相手をの気持ちを慮って、
誠意を見せることが円満解決のコツです。



なお、

立ち退き料を請求できることと、大家さんが支払うことは
イコールではありません。


大家さんとの合意が必要ですので、合意が得られないなら、
立ち退かないという選択ができます。
皆さんが良く勘違いなさっておられる部分ですね。



2014年10月01日

立ち退き料を減らすための大家さんの嘘

『○月までに退去してくれるのなら立ち退き料を支払えるけど、それを過ぎたら、立ち退き料は一切出せませんよ』



などと大家さんから言われたことはありませんか?



大家さんや同行してきた不動産業者からそう言われたら、
ついつい早く立ち退かなければ!と思いがちです。



でも、何か変ですよね…。



何か悪いことをしましたか?
何か契約違反をしていますか?




何も迷惑をかけていないのに、突然立ち退かされる
筋合いはありませんよ。もちろん法的にも。



大家さんは早く立ち退いて欲しいからそう言っているだけで、本当は、



その退去期限を過ぎても、立ち退き料の金額が
変わるわけではありません。




しかも、適正な立ち退き料が頂けないなら、
立ち退く義務もありません。




多くの方がそう言われ、どうしたら良いか、などと
毎日のようにご相談をいただいております。



大家さんや不動産業者の多くは、善良な借主に対して、
借主の多くに法律知識が少ないことに付け込んで、
少しでも立ち退き料を支払わないで済むようにと
様々な嘘を告げているケースが多々あります。

老朽化だから、転勤で戻りたい、相続税が支払えない、など、
すべて大家さんの都合です。正当事由とは言えません。



それらの嘘を本当だと思い込み、また思い込まされ、
慌てて、しかも大損をして立ち退いてしまう借主の方を
少しでも多く助けたいという思いで活動しております。



まずお気軽にご相談下さい。
きっと気分が楽になると思います。



2014年09月10日

足音がうるさいって契約解除事由?

「部屋の音がうるさかったので殺した」



という理由で上階の方を殺害したという事件が
兵庫県で発生していたようです。



うるさかったから殺した、という理由に驚きつつも、
上階の方はほぼ連日クラシック音楽などを大音量で流していたようです…。



立ち退きの相談を連日受けておりますと、
階下の大家さんから足音がうるさい、などという理由で
立ち退くように言われた、ということは多々あります。



しかし、いくら気を使って生活していても、
構造上の問題で、足音がどうしても発生してしまうことは
あります。



構造上足音が発生するようになっているのに、
それを理由に立ち退くように言われたら、
納得できません。



または、大家さんが神経質で、小さな足音でも
うるさいと感じることはあります。
人によって感じ方は異なります。



自分は十分に気を使って生活していると言えるなら、
少なくとも一方的に契約解除されることはありませんので、
大家さんの言いなりに立ち退くのではなく、それを主張し、
それでもどうしても立ち退くように言われるなら、
適正な立ち退き料を支払ってもらうことで立ち退くことにしましょう。



実は別の理由で建て替えを検討しているだけなのに、
足音がうるさいということを理由に挙げて、
立ち退きをさせようとしていることもあるので、
注意が必要です。



2014年06月04日

口頭だけの説明を安易に信じてはいけませんよ!

立ち退きの相談を多数受けておりますが、
相談者の認識が非常に良くないと感じることがあります。





『引っ越し費用と新居の入居費用を出します』




などと言われていて、
相談者様にある程度安心している様子が感じられるときです。




これが、悪く言えば罠なんですよね…。




引越費用っていくらだと思いますか?
僅かな金額を出すつもりでも『引越費用を出す』ということになります。

それから、その引越業者はきちんとしたところでしょうか?
大家さんの指定にしてしまうと、安かろう、悪かろう、
という最安値のサービスになってしまうこともあり得ます。





同じく入居費用って、いくらだと思いますか?
仲介料は含みますか?
現住居の敷金は返還されますか?
※礼金も返してもらいましょう。
立ち退かされるのですから、礼金など支払った意味なしですから。





また、その程度の補償では、立ち退き料としては非常に少ないですし、
何より、口頭だけの説明を安易に信じて、
まず退去するようなことは絶対に止めましょう!!






そんなことは言っていませんよ、
と言われたら最後です。
引越が終わった後で、請求することは実質不可能ですからね。




まずはご相談下さることをお勧めします。
的確にアドアイス致します。
出来ればご依頼いただくことをお勧めします。




http://tachinoki.net/
(立退き料請求交渉相談窓口)


2014年04月04日

2つの明け渡し訴訟について

東京地裁における
耐震強度不足の建物除去(取り壊し)に係わる明渡し請求訴訟
について。



よく勘違いされるご相談があるので、ここれ触れておきます。



「耐震強度不足」が正当事由として認められる判決となった
ことによって、立ち退き料を請求できないのではないか、
と思っておられる方が結構いらっしゃるのです。



「耐震強度不足」も、ある一定の正当事由になるけれども、
だからといってただで立ち退かせることができるのではなく、
退去に伴う経済的負担などに十分に配慮した手厚いものと
評価できる立ち退き料を支払うことを約束して初めて
正当事由が補完されると判断されているのです。



しかし、おそらくこの判決を逆手にとって耐震強度不足は
正当事由なのだと言い、立ち退き料は支払わなくても良いんだ
と言い出す大家さん、不動産業者が多々出ることです。



言われたことを鵜呑みにせず、専門家にご相談下さい。
言いなりに立ち退いたりしないで下さいね!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なお、2年前に当事務所に依頼された方で、
ワンルームマンションがある日突然老人ホームに
するから立ち退くように迫られたため、
立ち退き料を請求したものの応じず、
しばらくして明け渡しを求める裁判を起こしてきたため、
その方も弁護士を立てて争っておられるのですが、
大阪の毎日放送にてその様子が放送されたようです。
http://www.mbs.jp/voice/special/201403/31_post-477.shtml
あと数日で見れなくなると思います。



中国の立ち退き事情ほどではないものの、酷い話です。
まず負ける裁判ではないと思いますので、
頑張って下さい!!!



2013年06月11日

ある大手不動産会社による弁護士語り脅迫的立ち退き要求事件

非常に珍しい事件がありました。




立ち退き料を請求する内容証明を送ったら、
ある大手不動産会社(誰もが知っている会社)の担当者が
大家さんと一緒に弁護士に相談したようで、そこで聞いたことを
鵜呑みにして、弁護士に無断で、弁護士さんの名前で
依頼者に対して書面を出してきたのです。




その内容たるや、極めて酷い内容で、
相談した弁護士さんのお名前を勝手に記載し、
相談したときに受け取った名刺を書面下部空欄に印刷して、
さも弁護士自身が出しているように見せかけ、
様々な脅し文句を盛り込んだ文書を依頼者に
送ってきたのです。




法的に対抗できないから、このような脅迫的文書を
思いついたのでしょうけど、あまりに内容が稚拙のため、
弁護士の書いた文章ではない、と判断し、
この弁護士に確認したところ、発覚しました。




この弁護士は激怒し、直ちにこの不動産担当者に連絡を入れ、
驚いた不動産担当者はすぐに依頼者の方の自宅に押しかけ、
ちょうど私と電話で話中でしたから、出ないようアドバイスしましたが、
インターホン越しに長々とドアを開けるよう要求してきて、
書面で回答をもらうということでやっと帰ってもらえたようです。
(保留ではなかったので、私にも電話越しで聞こえました。)




会社にばれたら本当に困るでしょうからね。
クビの可能性大です。
告訴される可能性もあると考え、なりふり構わず謝罪して、
何とか口止めしたかったのでしょう。




今後も何かあるようなら、また続編として掲載します。




人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士

2013年05月31日

ヤフーニュースの関連記事として当事務所サイトが掲載。

東京都中野区の施設で消防法違反を指摘された「マンボー」社が、
入り口を板で塞ぎ、強引に退去させようとするニュースが
昨日から掲載されていますが、




そのニュースの下の方に、関連する記事として、
当事務所運営サイトのページのリンクが貼ってあります!
これ↓
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/housing/?1369886046
(立ち退き料請求交渉相談窓口)




お蔭で、異常に多いアクセス数です。
普段の10倍超。




さすが、メディアの力というのは大きい。




ただ、テレビなどで美味いと紹介された飲食店なら
実際に混雑するのでしょうけど、
当事務所には今のところ何の変化もありません。




当たり前か。
立ち退きのことについてついでに見ただけでしょうからね。
少し残念。




今日のランキングは??投票クリックお願いします。
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士

2012年11月26日

中国の立ち退き珍光景

日本ではこんな光景はないでしょう。




究極の立ち退き要求、そして、
立ち退き拒否ですよね。
http://www.afpbb.com/article/economy/2913024/9885709?ctm_campaign=txt_topics




中国ならではです。




しかし、大きな家です。
26万元(約340万円)の立ち退き料だそうで、
全然割に合わないのでしょうね。




今日のランキングは??投票クリックお願いします。
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士


2012年08月15日

大家さんからの相談は受け付けておりません。

立ち退きに関するご相談を多数いただいておりますが




HPの冒頭には、目立つよう赤字で
当事務所は、立ち退き要求された側の味方です。
ある日突然立ち退きを要求され、現在お困りの方をサポートします。

と記載しております。




つまり、大家さんからの住民を立ち退かせるための
ご相談は受け付けていないわけです。




しかし、これでもたまにありますふらふら




ましてや、文面のサンプル、雛形などありません。
あっても、そんなものでは効果がありません。




どうぞご理解の程宜しくお願い申し上げます。




今日のランキングは??投票クリックお願いします。
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士

2012年02月28日

元に戻って欲しいです。。

最近芸能ニュースをにぎわしている
オセロの中島知子さんに対する立ち退き命令が
出たというニュースがありましたが、




そのお陰で、




『立ち退き』
で検索した際の当事務所運営サイト
『立ち退き料請求交渉相談窓口』が、




2位から6位に後退してしまいました!!




『立ち退き』というキーワード自体は
注目されていますが、当事務所運営サイト
への影響はどうなのでしょうか・・・。。




中島さんも元に戻って欲しいですが、
元の順位に戻って欲しいです。




今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士

2012年01月30日

首都直下地震が起きるニュースをきっかけとした立退き要求には?

マグニチュード7クラスの首都直下地震の発生確率が、
東京大学地震研究所の研究チームが試算したところ、
「4年以内に起きる可能性は70%」





というニュースを見て、




『ちょっと早いけど、建て替えようか』




という発想になったり、
土地の有効活用などを謳う不動産業者が
建物を見て




『耐震基準を満たした建物に建て替えませんか?』




などと勧めて、結果大家さんが建て替えを決意し、
立ち退きを求めることになるかもしれません。




問題は、
マグニチュード7クラスの首都直下地震が
4年以内に起きる可能性は70%だから、
立ち退いて欲しいという立退き要求が
正当事由に当たるのかどうかです。




基本的に、正当事由にはならないと考えて
良いと思います。




少なくとも30%は違うのですし、
この研究チームのひとつの意見ですから、
その研究結果は尊重されるべきでしょうけど、
それが拘束力を持つことにはなりません。




よって、この地震発生予想をきっかけとした
立ち退き要求が増えるかもしれませんが、
立ち退き料を請求できると思って良いです。




今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士

2011年06月28日

それは正当事由にはならない

やはり、大震災以降、
特に関東圏で震災を理由とした立ち退き相談が多い。




震災によって何か壊れたならまだしも、
今後地震が起こったら危ないから壊す、
だから立ち退き料なしで立ち退いて欲しい、
という趣旨の要求をされるケースです。




確かに想定外の地震が来れば危ないことも
あるでしょう。




でも、その地震っていつ来るのでしょうか?




確実に来月大地震が来る、という情報があるなら、
だから今月中に早急に立ち退いて欲しい、という
主張は正当事由となるでしょう。




もちろん確実に分かっていることではありません。




だから正当事由とは言えない、よって、立ち退き料を
支払うのが当たり前であると私は考えております。




大震災の恐怖を煽り、自らを正当化し、
善良で何の非もない貸主を不安にさせ、経済的にも
追い込み、自らはそれをきっかけに建て替えて、
実は収益をあげようとしている方の多いこと。




正当事由でもなんでもなく、単なる自己都合です。




今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士

2011年04月13日

大震災をきっかけに立ち退き要求

東日本大震災をきっかけに、




アパートやマンションの建て替え及び
立ち退きを要求し始める大家さんが増えて
おります。




危機感を持つことは大切です。





でも、多くの大家さんの対応を見ると、
どうも違うように思います。




取り壊すのだから、敷金の全額返還は
当たり前のことなのに、敷金を返すことを
さも立ち退き料であるかのように言って、
それ以外は一切支払わないとか、僅かな
引越料を出す程度の話ですぐに立ち退くよう
要求するのは、




私には、震災を都合よく利用しているように
しか思えません。




誠意を見せて下さい。




他人に迷惑をかけたら菓子折りを持って
謝罪に行くでしょう?




何の非もない借主に出てもらうのだから、
菓子折りと同じ様に、かける迷惑にあった
金銭、つまり立ち退き料をきちんと出す
ことを約束してから円満に出てもらう
努力をするべきです。



今日のランキングは??投票クリックお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選
士業ブログ 行政書士
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。