2014年03月05日

100秒博士アカデミー(先祖探しと相続トラブル事例)

昨日夜10時から、
TBS系列で100秒博士アカデミーを見ました。




尊敬する行政書士の丸山学先生が家系図の博士として
2度目の出演をされるということでしたからね。




友近の先祖探しで、藤原鎌足にたどり着くという結果で、
驚きではありましたが、多くの日本人の先祖を辿れば、
源平藤橘にたどり着くことが多いので、そういうことかなと。
大名や有力武将は自らの綺羅を飾るために先祖は源氏だとか、
いや藤原氏だとか創作していましたよね。
豊臣秀吉は平氏(だったかな?)を名乗り、関白どまり
でしたが、徳川家康は源氏を名乗ったために、
征夷大将軍になれたわけです。




とにかく、楽しそうに先祖探しをされているように見えて、
ますます尊敬です。




後半のテーマは相続争い。




北村晴男弁護士で、
少々イレギュラーなパターンのある少女漫画家の
相続失敗実話が紹介されました。




稼いだお金を唯一の肉親である親名義の口座に
預けていたというパターンで、そのお金が7千万円、
突然親が亡くなり、遺言書はなく、口座は凍結され、
そのころ仕事は激減し、所持金がほとんどないところに
異母兄弟が出現して、親名義口座のお金の分割を
当然のように要求する、というもの。




親名義の口座に入れていたということは
たぶんかなりイレギュラーだと思います。
それが原因のひとつですが、あとは、
やはり遺言書を残していれば、ということです。




親の口座に入れていなければ、おそらく何も
問題は発生しなかったのですが、
仮に親のお金だとすれば、遺言書で、
異母兄弟の遺留分を侵害しないように配慮して、
娘にそれ以外の部分をすべて相続させるという
趣旨の内容で残しておけば問題ないです。




しかし、再現VTRでもあったように、
異母兄弟には不遇感があるでしょうから、
初めて会う兄弟に対して遠慮なく自らの権利を
行使しようと試みるだろう、ということは
納得です。




番組を見て、とりあえず遺言書作成してみようかな、
という気持ちが湧き起こってくるもので
(司会のダウンタウンなどそんな感じに見えました)、
一度真剣に遺言書というものを作成することは大事なことです。
※但し、軽い気持ちで“とりあえず作成”するものではありません。
かえってトラブルになることがあります。




実際に作成しなくとも、遺言書のことを考えるだけでも、
家族のこと、将来のこと、自分の死後のこと、
それまでにすべきことなど、様々なことが頭に浮かび、
メリットは大きいと思いますよ。




ためになりました。
でもこの番組は打ち切りらしいですね…。




相続手続き・遺言作成サポート山口
http://kagawa-office.net/

posted by 香川啓二 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺言・相続手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

新サイト「相続手続き・遺言作成サポート山口」

2月28日、先週末にようやく公開できました。
1ヶ月ぐらいかかりました。新サイトです。




相続手続き・遺言作成サポート山口
http://kagawa-office.net/





主に、山口県山口市、宇部市、防府市を業務範囲として、
相続手続き(相続人調査、財産調査、遺産分割協議書作成、各種名義変更)
遺言書作成(自筆証書遺言、公正証書遺言、作成に関する相談等)
これらに関するご相談、ご依頼を想定しております。
もちろん、もっと遠方からご相談いただくのもOKです。




ただ、まだ完成したとは豪語できません…。
もしかしたら間違っているところがあるかもしれず、
また、追加予定のページもあるので、まだまだです。




まぁボチボチ宜しくお願い申し上げます。




posted by 香川啓二 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺言・相続手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

差別化のひとつの方法

相続税がかからない割合は、現在相続全体の4%程度ですが、
相続税がかからなくても相続手続きをしなければならないことを
知っている方の割合はどの程度でしょうかね??




割合は分かりませんが、まずはそのことを知ってもらい、
では何から始めて、どんな流れで相続手続きをすれば良いのか知ってもらい、
その手続きの煩雑さ、大変さを知ってもらい、
依頼した場合にどれだけ楽になるのか、また、その料金も比較し、
依頼した方が得だ、助かると思ってもらわなければなりません。




また、あらかじめ遺言書を残してあげることで、
遺族のもめる可能性が低くなり、
また、遺族の相続手続きの手間が省けることを知ってもらい、
遺言書を残そうという決断の背中を押せるように
したいものです。




ただ、これはおそらく遺言・相続業務を扱っている
事務所ではどこでも同じでしょうから、
料金ではなく、サービス内容などで差別化をする必要があります。
それを遺言・相続サイト作成の中でいろいろ考えているのですが…。




最近では、結構年配の方でもネットを見ますし、
スマホの急速な普及で、さらに身近なものとなってきていますので、
単純に、HPの見た目で信頼を勝ち取れるようにするのも
大事なことでしょうね。




スマホ向けのサイトも重要かな。



posted by 香川啓二 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺言・相続手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

相続、遺言関係の勉強

クリスマスが終わったと思ったら、
一気に年末、正月を迎えるムードになりますよね。




仕事納めは明日27日なので、
何だかクリスマスの余韻も無く、バタバタ終わる感じです。




今年は明日までという方は多いでしょうね。
しかし、前にも触れましたが、曜日の関係で、
その通りに休むと年末年始休暇が長い…。




そんなに休んで良いのか、と思います。
落ち着きません。
年末は大掃除をしつつ、新たに始める
相続、遺言関係の勉強をしようと思います。





posted by 香川啓二 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺言・相続手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

遺言、相続業務を新たに開始しました!!!

唐突ですが、
遺言、相続業務を新たに開始しました!!!




まぁ、そういっても、すぐにご相談、ご依頼が
舞い込むわけではないでしょうけど、
まずは宣言したいと思います!!!




実はHPの作成もこれからです…。
しかし、HPだけが集客ツールではありません。
田舎には田舎なりの方法があると思います。




それに、遺言や相続を考えている方とは、
若い方よりは割りと年配の方が多いはずで、となると、
HPで手続きをしてくれるところを探すとは限りません。




ウチの親もそうですが、ネットを一切致しません。




これからご相談やご依頼があれば、
またそれに触れたいと思います。




どうなるか。




posted by 香川啓二 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺言・相続手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。