2013年09月03日

副業斡旋業者の嘘勧誘

消費者庁は8月30日、
インターネットを利用した副業(メルマガを作る在宅ワーク)を勧誘している業者が
『ウェブサイトを開設して、副業をすれば収益が上がる』
『開設費用相当の収入が得られない場合は全額返金を保証する』
などと嘘の説明を行ったとして、
消費者安全法に基づいて事業者名を公表したようです。




業者名は、リミテッド(東京都八王子市)
「メディアリクルート」
などの名前で勧誘しています。
ブログもありますね。




ところが、収益は上がらないし、返金もされない。
という有様。




消費者庁の立ち入り調査に対し、代表者は
「名義を貸しただけでよく分からない」
と説明したとのことらしいですが、
名義をなぜ貸したのか。
そもそも名義を貸してはいけないでしょう。
実態が違うのですからね。




他の事例でも、名義を貸しただけで分からないと
言い訳をする業者、社長はいますが、
それを鵜呑みにする訳にはいかないです。




いずれにしても、
安易に儲かるような説明には何か裏があるのではないか、
と手を出さないことが大事です。




posted by 香川啓二 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 悪徳商法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。